二日前、関東へ台風が迫る夜、私は一人、理由などなく帰りたくなかった。

無性に飲みたかったのだ。

新宿にある寂れた(←失礼)立ち飲み屋にピットイン。

 

ほどほどに酔った私はLINEにて名ギタリスト鈴木氏を呼んだのだ。

 

私「立ち飲み屋という地獄にいるんだけど、来るかい?」

鈴木氏「その地獄とはどこだい?」

 

私「いや、もしかしたら天国かもしれない」

鈴木氏「その天国ってのはどこだい?」

 

などという不毛なやり取りをしつつ鈴木氏が到着した時点で立ち飲み屋のおじさんから一言。

おじさん「あ~、今日はもう店終わりなんだよね~。」

私・鈴木氏「!!」

 

そう鈴木氏が到着する少し前に蛍の光が流れ出したので私もうすうすは気づいていた。

しかしもう向かっている鈴木氏には言えず。(←言えよ!)

 

そうして少し離れたところにある磯○水産へと向かう。

その時の鈴木氏の写真。

 

この後日本酒まで進み、鈴木氏は終電に飛び乗って返ってしまった。

私もそこそこ酔っていたが、嫌まだ帰りたくない!

理由などないのだ。

そういう夜が男には、いや老若男女あるんや。(子供はお酒ダメ!)

そして私も好きな街、三茶へと向かう。

 

帰った私はそう腹が減ってしょうがなかった。

そして禁断の食べ物を食べてしまう。

そう兄も大好き「佐とう」のラーメン With ビール

ラーメンを食べ終えた私は若い兄ちゃんに「最高のラーメンでした!」と告げ店を出たのだ。

そして私は帰ろうかとも思ったのだが、男には帰りたく(以下略……

もう一軒や!

ということでやってきたのは「まよるか」

ここはママが一人でやっており、スペイン料理(肉やお魚)を出してくれる。

これが確かスペインセット?俺の写真の腕が悪いのですみません。

猫ちゃんもいます。

ママは陶芸や油絵をやっており、芸術家の話などいろいろしてくれて楽しかった。

私は午前四時過ぎ、ようやく帰ったのだった。

智啓

 

■Next Live

■10/27(Fri) 下北沢MOSAiC

NEW CINEMA WEEKEND 81 「弐」

激熱な夜になるでしょう。しばしお待ちくださいませ!